季節に応じた豆知識や雑学

防災グッズの備え!本当に必要なものは何?

スポンサードリンク
防災

「万一に備えて、防災グッズを整えましょう」

東日本大震災後にあの頃防災グッズをそろえた方は多いと思いますが、

そのままになっていませんか?

季節によって、防災グッズの中身を替える必要があります。

防災

お子さんが居るご家庭ではお子様の成長に見合ったものが必要になります。

都度都度、防災グッズの見直しをしてみましょう!

まず、人によって防災グッズの中身が少しずつ変わってきます。

すぐに持ち出すもの、車に乗せておくもの等、用途によって分けておきましょう。

①いつものカバンに入れておくもの

かばん

外で震災に遭う可能性もとても高いです。

いつものカバンにかさばらず、軽いものを入れておきましょう。

 
・テレフォンカード

・手ぬぐい(タオルではかさばるので。避難所ではアイマスク等にも使えます)

・マスク

・歯ブラシ

・ウェットティッシュ

・500mlのペットボトル1本

・生理用品

・冬場でしたらカイロ

・飴

・携帯充電器

・家族写真(特徴をすぐに見てもらえます。)

・ホイッスル

②家に居る場合の、ひとまずそれだけ持って避難するリュック。

リュック

出来るだけ、軽くしておきましょう。

①に加えて

 
・水(500mlのペットボトル3本)

・清涼飲料水
(500mlのもの1本・水は飲み水だけの利用法ではないので、飲料用にひとつ。)

・10円玉(電話用)

・衛星用品(生理用品・オムツ・マスク・お尻拭き←体も拭けます)

・懐中電灯つきラジオ(充電機能もついていると良いです。)

・電池

・連絡先一覧

・軍手

・タオル

・お菓子等の食料

・アルミブランケット

③車に乗せておく防災グッズ

自動車

車に乗せておくものも、スペースをとらないものにしましょう。

夏場などは車内温度がかなり高くなり、

食料品や缶詰などは車に積むのはむきません。

 
・ラップ

・ロープ

・軍手

・懐中電灯

・電池

・携帯の充電器
(ソケットにつながるもの、普段から動作確認をしておきましょう)

・新聞紙

・ごみ袋

・カイロ

・ヘルメット

・衛星用品

・トイレットペーパー

・タオル

・ペン・メモ
(崩れた自宅や避難所の伝言板等に安否等を貼っておくためのもの)

 
②の非常持ち出し袋と似ていますが、少しずつ変えていきましょう。

季節によって、中身を替える必要があるので、季節に一回は中身のチェックをしましょう。

賞味期限も要チェックです。

普段から美味しく食べられて、保存の利くものがオススメです。


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近のコメント

ページ上部へ戻る