季節に応じた豆知識や雑学

自転車賠償責任保険の比較検討!オススメの保険はコレ!

スポンサードリンク
自転車子供

もしも事故が起きてしまったときの為に、自転車保険に入ろう!

自動車保険と違い、強制されないので、未加入者が多い自転車保険。

調べてみたらお手軽に入れるものが多くてビックリ!

最大賠償金額・保険料・加入者別にお得な保険を比較してみました。

1.最大賠償金額で選ぶなら

怪我

1億円までの保障金額の自転車保険

 
エアーリンク・自転車の責任保険

セブンイレブンe保険ストア・自転車向けお一人様プラン

JCBカード・トッピング保険 自転車プラン

 
5000万円までの保障金額の自転車保険

 
ジャパン少額短期保険・ちゃりぽ

日本サイクリング協会・JCA自転車総合保険

チューリッヒ保険・スーパー傷害保険Lite

 
1000万円までの保障金額の自転車保険

 
au損害保険・自転車保険100円プラン

Yahooプレミアム会員専用保険・ちょこっと保険

2.保険料で選ぶなら

保険料

 
100円/月・・・au (死亡・障害450万円)

260円/月・・・ちゃりぽ (入院6000円、死亡・障害300万円)

300円/月・・・JCB (入院1000円、死亡・障害100万円)

390円/月・・・Yahoo(入院1000円、通院500円、死亡・障害100万円)

3.本人だけでなく、家族全員加入したいなら

家族

 
JCB・・・300円/月のままで、家族全員まとめて保障されます。

チューリッヒ・・・860円/月で家族全員保障されます。

 
色々検討した結果、

 
JCBカードのトッピング保険が

家族全員保障され、月払い金額の割に、賠償額が高く、

オススメの保険だと思います。

 
ただ、JCBカードを持っていないと加入できないことと、

入院保障が1000円と少ないのが不満な方もいらっしゃるでしょう。

JCBカードをお持ちなら、JCBカードのトッピング保険はおすすめです。

 
けがの保障を手厚くしたい方は、

チューリッヒや、セブンイレブン・e保険ストア、ちゃりぽ

 
なども良いと思います。

自動車

加入済みの自動車保険や傷害保険、火災保険などに

自転車保険や個人賠償保険の特約を付けるのもいいでしょう。

ご自分に合った無理なく継続できる保険を選び、もしもに備えましょう。


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近のコメント

ページ上部へ戻る