季節に応じた豆知識や雑学

自転車の修理の費用は?普段の屋外保管での注意点は?

スポンサードリンク
自転車

出かけようとしたら、自転車がパンクしていた・・・

こんな経験はありませんか?

自分でパッと直せる人もたくさんいると思いますが、

半数の人は自転車屋さんへ駆け込むことでしょう。

自転車の修理の費用はどれくらい?

悩む

チューブにあいた穴を塞ぐだけなら、1000円~2000円程度で、

時間も10分程度で直してもらえ、ホント、助かりますよね。

でも、肝心の持ち込みはどうしていますか?

自転車の積める様な大きな車でもあればいいのですが。

私は、ぺしゃんこのタイヤを転がし、自転車をひいて

数10分歩いて行くのが常で、持って行ったものの、何人か先客がいたり、

いる場所がなかったり・・・。本当に困っていました

それに、自分の店で買ったものじゃないと断られたり

嫌がられたりすることもあるんですよね。

自転車の出張修理はすごく便利!

出張修理

出張修理してくれる自転車屋さんを見つけたのはそんな時でした。

出張費が別途840円かかりましたが、パンク修理が1050円でした。

結局は、パンクだけで済まず、タイヤの傷みが前後とも

相当ひどかったので、タイヤ交換してもらい、10500円でした。

軽トラで引き取りに来て、出来上がったら届けてくれ、本当に助かりました。

対応も良く、ブレーキやその他のチェックもしてくれ、

乗り心地も格段に良くなりました。

子供達の自転車のパンク修理も、これで安心です。

全国に出張修理可能な自転車店がありますので、

皆さんも調べて、是非利用してみて下さい。

自転車を長持ちさせるために~屋外保管の注意点とメンテナンス

自転車保管

皆さんは、自転車をどこで保管していますか?

 
・マンションの駐輪場

・家の軒下

・ガレージの隅

 
などでしょうか。

自転車を傷める原因のベスト3は、

 
・雨

・風

・紫外線

 
です。

この3つをなるべく避けることが、長持ちさせるための方法です。

よく、高級なサイクリング用自転車をお持ちの方が、

室内でディスプレイをかねて収納するというのを聞きますが、

自転車にとっては最適な保管法です。

自転車を保管するときの注意点

室内保管

普通のママチャリや子供用自転車を室内で保管しようとは思いませんよね。

せいぜい、屋根のあるところに置く位だと思います。

でも、そこ、日がカンカンにあたっていませんか?

 
・紫外線は自転車のタイヤを劣化させます。

・風雨にさらされることで、錆が発生します。

 
専門家に依頼する、修理や専門的な整備の他に、自分で出来ることは、

 
・紫外線に当てない。

・雨ざらしにしない。

 
ということです。

自転車の保管に便利なアイテムはこれ!

hokann

我が家では、自転車置き場の入り口にUVシートを吊り、日差しをブロックしています。

シートの外側と内側で、ずいぶん体感温度が違います。

UVシートは、ホームセンターのブルーシート売り場にあり、

価格も2000円程度とお手頃ですよ。

UVシートで雨は大体防げますが、台風などの時は更に自転車の上にシートをかけています。

これをするだけでも、パンクの頻度が確実に減りますよ。

濡れたときは、直ぐに乾いた布でふいて、錆止めを塗っておけば更に安心です。

エコで環境に優しく、体にもいい、パーフェクトな乗り物、自転車!!

大切に長持ちさせて、健康生活を送りましょう。


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近のコメント

ページ上部へ戻る