季節に応じた豆知識や雑学

タニタ食堂のレシピで作る夏野菜カレーをご紹介!

スポンサードリンク
カレー

世間で噂のタニタ食堂レシピの本を購入しました。

今回はその作り方とその味の紹介をしたいと思います。

タニタ食堂で紹介している夏野菜カレーはゴーヤとおくらを始め、5種類の野菜を使って噛み応えたっぷりのものです。
550カロリーで塩分2.4グラムとヘルシーなのはさすがタニタ食堂ですね。

では材料のご紹介!

材料
ご飯 300g
豚ひきにく 120g
たまねぎ 1/3本
オクラ 2本
なす 1/2本
ゴーヤ1/5本
かぼちゃ 100g
プルーン 2個
にんにく 少々
しょうが 少々
ホールトマト(缶) 120g
カレールー 36g
ローリエ 1枚
水 120cc

作り方は?

①野菜を好みの形に切り、プルーンは1/4に切ります。
にんにく、しょうがはみじん切りにします。ゴーヤとおくらはさっと茹でておきます。②中火の鍋に豚挽き肉を入れ、ぼろぼろになるまでに炒め、しょうが・にんにくを入れます。
香りが出てきたらたまねぎ・かぼちゃ・なすを加えて炒めます。

③水・つぶしたホールトマト・ローリエ・プルーンを入れて中火で10~15分煮ます。

④全体に火が通ったら、カレールーを入れてさらに煮ます。

⑤器に盛って、ゴーヤとオクラを飾ります。

完成!

このレシピですと、ゴーヤに苦味と食感が結構残りますので、苦味が苦手な方はゴーヤは白いワタの部分を綺麗にとって、薄くスライスし、水にさらしてから、小さじ1の塩と共に茹でると苦味が抜けます。

実際食べてみると、プルーンとカボチャの自然な甘みが効いていて、カレーなのに550カロリーというのが信じられないほどの満足感でした。

季節の野菜をたくさん摂ることが出来るのは嬉しいですね。
オクラは食物繊維が豊富で、コレステロールを減らす効果ももっているそうです。
栄養素は食物繊維の他にビタミンA、B1.B2.C、ミネラル、カルシウム、カリウムなどが含まれているため、夏ばて防止にも一役買います

この夏はタニタ食堂の夏野菜カレーをレシピのひとつに入れて体力をつけて乗り切りましょう!

竹田元/タニタ食堂のおんがく~おうちごはん

竹田元/タニタ食堂のおんがく~おうちごはん
価格:1,694円(税込、送料別)


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近のコメント

ページ上部へ戻る