季節に応じた豆知識や雑学

敬老の日の意味と由来は??

スポンサードリンク
敬老の日

ちょっと前まで敬老の日は9月15日でしたよね。

2003年のいわゆるハッピーマンデー制度(祝日法改正)によって、

9月15日から9月の第3月曜日と変更されました。

そもそもなぜ9月15日が、敬老の日となったのでしょうか。

syukuzitu

面白いことに、他の祝日とはちょっと異なり

発祥の地がはっきりとわかっている新しい休日の一つなのですね。

発祥の地は兵庫県多可町です。

多可町の八千代公民館前に「敬老の日提唱の地」という石碑があります。

戦後村主催の敬老会を開いたのがきっかけで、

「としよりの日」という村独自の祝日としたのがはじまりです。

それから、昭和41年には「敬老の日」として国民の祝日と制定されました

そもそもお年寄りを大切にし、知識や人生経験を伝授してもらおう、

そして長生きをお祝いしようというものが「敬老の日」です。

9月15日の由来については、聖徳太子まで遡るとも言われています。

syoutokutaisi

 
飛鳥時代、聖徳太子が四天王寺を建立しましたが、その時「四箇院」、

つまり敬田院・悲田院・施薬院・療病院を置きました。

このうち悲田院は、身寄りの無いお年寄りや病人のための施設とされています。

この施設を作ったのが9月15日といわれています。

 
悲田院といえば、光明皇后じゃないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

あちらは興福寺に施薬院とともに作られているんですね。

どちらもその発想の元は仏教の慈悲の心とされています。

また、養老の滝伝説に拠るものもあります。

養老の滝

 
こちらは、昔話でもおなじみ?の孝行息子による

お酒が流れる滝発見の話を聞いた元正天皇が、

その地を訪れたのが9月

そしてそれを記念して元号を「養老」に改めたという説です。

 
元正天皇は、聖武天皇のお母さんですね。

どちらにしても、お年寄りを敬って大切にする心から行動したことがきっかけとなっているといえましょう。

そこから生まれた敬老の日、改めて考えてみるとなかなか素敵な、

大切にしたい祝日といえるのではないでしょうか。


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近のコメント

ページ上部へ戻る