季節に応じた豆知識や雑学

【コバエ退治】種類及び発生源は?夏の対策にめんつゆがいい??

スポンサードリンク
コバエ対策

夏になるとどこからともなく飛んできて食べ物にたかる、イヤ~なコバエ、

勝手に人のご飯にたかるな~っ!!

といちいち突っ込みを入れたくなってしまいます。

コバエの種類は?

ショウジョウバエや、チョウバエ、ノミバエ、クロバネキノコバエ

等が主だったところです。

いずれも、体長2~4ミリ程度ですが、目の端にでもとらえようものなら、

どこまでも追いかけてやっつけたくなります。

(ちなみに私、コバエや蚊、バチ~ンとやっつけるの得意です。)

コバエの発生源は?

なぜ?

急にブンブン飛びだして、どこからきたの?

と探しても一向にわからないのがコバエのいやらしさ。

恩師が生物の先生で、ショウジョウバエの研究をしてらしたのですが、

ショウジョウバエはちっとも汚くないのよ~。』が口癖でした。

でも、実際自宅で見ると憎らしいのなんの!

退治しなきゃと使命感に燃えてしまいますよね。

実際は湧いてくる訳ではなく、

いつの間にか入り込んでいたコバエが密かに卵を産み付け、それが孵ったときに

大発生した様に見えるだけなんですって。

コバエを大発生させないための注意点

三角コーナー

コバエが出てきた事に気付いたら、家の中を徹底的に調べて下さい

 
三角コーナーのゴミ

お皿に残った食べかす

生ゴミの袋の隙間

缶やペットボトルのジュースの飲み残し

部屋のゴミ箱のお菓子のかけら・・・

 
えーっ、こんなものに!と思う様なものにも卵は産み付けられています。

とにかく、ゴミは家の外に

コップやお皿は直ぐに洗って、エサになるものは置かないことが大切です。

コバエ退治の簡単な方法

 

オススメは、極めて原始的ですが蝿取りリボンです。

邪魔にならない所に吊り下げておくだけと簡単で、殺虫剤のように場所を選びません。

ただ、頭や手などにくっつけてしまうとネバネバが取れず大変なことになりますので、くれぐれもご用心。

流し台に置くなら、流行のトラップもいいかもしれません。

 
ペットボトルやビンにめんつゆや飲み残しのビール等を入れ、

台所用洗剤を数滴混ぜたものを入れておくだけ。

 
でも、部屋に置くのはオススメしません

蹴っ飛ばしてこぼすと、後始末が大変なので。

市販のコバエ取りポットは、種類によっては効果が薄い場合があります。

自宅の虫の種類を特定してから使用しましょう。

以前使ってみましたが、1匹も捕れませんでした。

昔と違って、トイレも水洗化し大型の蝿を見る事はめったにありませんが、

コバエも病気を媒介することがあり、注意が必要です。

清潔清潔と騒ぎすぎるのもどうかと思いますが、

昔より免疫力が退化している(!?に違いない)現代人は、

そうやって身を守るしかないということなのでしょう。


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近のコメント

ページ上部へ戻る