季節に応じた豆知識や雑学

上司に贈るお中元の相場(金額)はいくらくらいが妥当?

2013.07.06

5件

スポンサードリンク
044060

お中元を上司やお世話になっている目上の方にお贈りしたい場合、何を贈るかにも悩みますが、金額も悩むところではないでしょうか?

一般的に上司の場合は5000円くらい、知人や友人の場合は3000円から5000円くらい、

そして親を含めた親族に対しても5000円くらいが適当ではないでしょうか。

また、上司や目上の方にお贈りする場合デパートの包装紙で包まれているほうが、良いと仰る方も多く、

三越や高島屋などの老舗百貨店や、伊勢丹、西武、東急、東武などの百貨店などが定番のデパートお中元といえるでしょう。

たとえば、お中元にお贈りするものの一つとしてビールがあげられます

サントリーの、ザ・プレミアム・モルツのみが入っているセットの場合

本体価格が3000円で350ml缶が12本、4000円で15本、5000円で19本、10000円で38本入っているものが定番です。

銘柄にもよるので、他にアサヒスーパードライのセットの場合は350ml缶ということで比較しますと、5000円のものには21本入っています。

各メーカーが工夫をこらし、

350ml缶と500ml缶の組み合わせや、ファミリーセットとしてジュースが組み合わされているもの、

缶入りのおつまみと組み合わされたものなど

一口にビールをお贈りするといってもバリエーションが多岐にわたっています。

 

金額から見たバランスとして、どのくらいのボリュームのものをお贈りするのが適当なのか、

本数などを考えて決めるのも良いのではないでしょうか。

和菓子などを選ぶ場合は先方の家族の人数を考えるのがベター

また、和菓子などを選ぶ場合も、価格帯としては2000円から5000円まで詰め合わせ的なものが多く用意されていますので、

やはり先様のご家族の人数も合わせて考えるとしても、

金額によってのボリュームを一番に考えるという選択は避けて通れないようです。

その他、果物やアイスクリームの詰め合わせなど、冷蔵・冷凍便が必要となるものについては、

価格帯として3000円のものは用意されていないデパートもあります。

ですから、これらについては先に金額ありきとして考えて、選ぶというケースにあてはまるのではないでしょうか。

その他、最近各デパートで力を入れているのが、先様にお選びいただくカタログコースです。

カタログ

こちらは良質でお好みの商品を選んでいただこうというコンセプトからも、

高島屋などは価格帯が5000円から30000円など、少し高めの設定になっているケースもあります。

西武などはもっと安い価格帯からの設定もあるので、

カタログコースをお考えであれば、お店自体を選ぶ必要もありそうです。

 

以上の傾向を踏まえた上で、上司や目上の方にお贈りするお中元の価格を考えたいものですね。


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近のコメント

ページ上部へ戻る