季節に応じた豆知識や雑学

新聞紙を使った窓掃除の簡単なコツ!

スポンサードリンク
大掃除

年末になると普段はなかなか手の届かない箇所の掃除も気になるところですよね。
毎日目にしているのになかなか見ないふりしてしまうのが、窓です。

少し高いところになるとなおさら・・・年末の大掃除くらいはぴかぴかの窓にしたいですよね。
窓掃除が簡単にできるコツや、窓掃除に大活躍する新聞。
手軽にささっと窓掃除を終わらせてしまいましょう。

「窓掃除に新聞紙が大活躍!」 

いざ窓掃除を始めよう!!雑巾に窓用スプレー・・・いろいろ準備してみますが、雑巾で窓拭きをすると
拭いた跡が残ったりとなかなかすっきりクリアーにならないことも多いものです。

どのようにしたらくっきりきれいな窓掃除ができるでしょうか?

小学校の時に、トイレ掃除の鏡をふくのに先生から新聞紙で磨きなさいと言われて
キュッキュ拭いていたことを思い出しました。

窓掃除にも活用できるかな!
一通り雑巾で掃除をした後に、乾いたままの新聞紙でキュッキュと窓を磨いてみると・・・
やっぱり、きれいに仕上がりました。

雑巾では取れなかったこびりついた汚れまで取れて、くっきりときれいに仕上がります。
ぜひ、窓掃除に新聞紙を利用してみてください
おすすめしますよ。

「窓掃除、簡単手軽に終わらせたい!」

面倒な感じがしてなかなか手が出せない窓掃除。
特に外側の窓を掃除するのはとてもめんどうですよね。

雨ざらしになった外側の窓はよく見てみると結構汚れが付いています。

このような汚れはまず、乾いたままで落とすことが大事です。

刷毛などで汚れを落としていくと手早く大まかな汚れを落とすことができます。

ホースなどで窓を濡らした後に、スクイージー(ワイパー)を上から下へ滑らすことで、
水分も汚れもすっきりとクリアーに仕上がります。

窓を傷つけずに簡単上手にお掃除できますよ。

それでも気になる水分などが残っているときには先ほどの新聞紙がやっぱり大活躍です。

「手早く窓掃除を終わらせるコツは?」

キッチンの出窓やリビングの窓など、子供たちの手あかがついていたり油汚れなどがついていたり、
落としにくいしつこい汚れがこびりついていることがありますよね。

このような場所の窓掃除を手早く簡単に行うコツは・・・

食器用の中性洗剤が大活躍です。

モップや雑巾で窓を一通り濡らした後、中性洗剤を含んだスポンジで軽く窓全体をこすります。
一度こすっただけでは落ちない汚れは、中性洗剤を付けた状態でしばらく放置します。

食器用の洗剤だと油汚れにも強いのでほとんどの汚れが浮いてきて
あとは、もう一度きれいな雑巾やモップでふきあげるとこびりついていた汚れが落とせます。

年末になると、「大掃除」を意識しながら掃除がはじまりますね。

少しでも手軽に簡単に終わらせることができたら、面倒な大掃除も大掃除も楽しくなりますよ。


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近のコメント

ページ上部へ戻る