季節に応じた豆知識や雑学

節分ってなあに? ~豆まきとおいしい食べ物で、鬼をやっつけろ!

スポンサードリンク
節分

知っているようで意外と知らない、わが国のいろいろな伝統行事。
今回は「節分」のお話です。

【そもそも節分ってなあに?なぜ節分になると鬼が来るの?】

現在の節分は2月3日とされていますが、本来「節分」は「季節の分かれ目」を指す言葉です。
すなわち、立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日がすべて「節分」になるのです。

中でも年の初めにあたる立春(現在の2月4日)の前日の節分だけがとくに重要視され、
江戸時代以降に現在の節分とほぼ同じ形になりました。

ところで、みなさんは季節の変わり目に体調をくずしやすくなりますよね?
昔の人は、季節の変わり目には災害や病気をもたらす陰気なモノが発生すると考えたのです。

この「陰気なモノ」が「陰(オン)」→「オニ」と変化し、中国で「霊」という意味をもつ「鬼」の字を当てて
現在私たちがよく知る鬼が生まれたのです。

この鬼は鬼門である丑寅(北東)の方角からやってくるので、ウシの角をはやしてトラのパンツをはいているのです。

【節分の鬼は、なぜ豆まきで追い払えるの?】

体が大きくて、キバが生えてて、おまけにトゲつきの金棒を持った鬼を
小さい炒り豆で追い払うことができるのは何故なのでしょう?

鬼に炒り豆を投げる由来には諸説ありますが、
豆は生命力の象徴であり、なおかつ「魔(ま)を滅(めっ)する」に通じるとする説が有力です。

つまり、豆がもつ不思議な力で鬼に打ち勝つわけですね。
せっかく豆をまいて鬼を追い払っても、地面に落ちた豆から目が出てしまってはいけない(厄は払い捨てられなければならない)ので
豆まきには必ず炒り豆を使います。

豆をまき終わったら、かぞえ年の数だけ豆を食べることで豆が持つ生命力をいただき、

その年の無病息災を願います。

豆まきの際には「鬼は外、福は内」と掛け声をかけるのが一般的ですが、
地方によっては「鬼は(も)内、福は内」と掛け声をかけるところもあります。

現在の豆まきのルーツは大晦日の追儺(ついな)という宮中の年中行事とされ、
現在でも各地の神社などで大晦日に追儺の儀式が広く行われています。

【豆だけじゃない、節分にまつわる食べ物あれこれ】

節分にまつわる食べ物は地域によってさまざまですが、
全国的に広く知られているのは以下のとおりです。

●イワシとヒイラギ

鬼はイワシの生臭さと鋭いとげがついたヒイラギの葉を嫌うとされているため、
ヒイラギの枝に刺したイワシの頭を玄関に飾って鬼を寄せ付けないようにします。
イワシ+ヒイラギだけでなく、さらに臭いのつよいもの(ニンニクなど)を添える地方もあります。

●恵方巻き

関西地方が発祥の習慣ですが、近年では日本全国に広がっています。
その年の恵方に向かって、願い事を思い浮かべながら無言で太巻き寿司を丸かぶりします。
「縁を切る」に通じるため、包丁などで巻き寿司を切ることはしません。

もともとは七福神にちなんだ7種類の具材を使うとされていましたが、
現在ではさまざまな具材の恵方巻きが発売されているので、お好みのものを選ぶとよいでしょう。
なお、2014年の恵方は「東北東」だそうです。

いかがでしたか?
節分にしっかり鬼をやっつけて、今年1年もすばらしい年にしましょう!


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近のコメント

ページ上部へ戻る