季節に応じた豆知識や雑学

バレンタインデー徹底解剖! ~その由来からチョコレート禁止令まで~

スポンサードリンク
バレンタインデー

お正月ムードが落ち着いてくると、今度はお菓子コーナーや雑貨コーナーがバレンタイン一色になりますね。
今年のバレンタインデーは、ワクワクドキドキ?それとも、ちょっぴりユウウツ?

【バレンタインデーの由来】

古代ローマでは、2/14は結婚の女神・ユノーの祝日とされていました。
当時、結婚適齢期の男女は普段別々の場所で暮らしていましたが、この日だけはくじ引きで選んだ相手と一緒に過ごすことが許されていました。

一緒に過ごした男女は、その後意気投合して夫婦になることが少なくありませんでした。

ところが、時の皇帝によって戦場に送られた兵士たちの結婚が禁じられてしまったのです。

兵士たちを哀れに思った聖ヴァレンティヌスは、こっそり彼らの結婚を承諾しましたがこのことが皇帝の耳に入り、彼は捕らえられました。

その日が、皮肉にも恋人たちの祝日である2/14だったのです。

これ以降、キリスト教では聖ヴァレンティヌスの命日である2/14を恋人たちのための日として定めるようになりました。

【世界のバレンタインデー事情 ~外国ではチョコを贈らないの?~】

現在では世界中で親しまれているバレンタインデーですが、国によって祝い方に大きな差があるようです。

たとえば、ヨーロッパでは男女問わず親しい人にメッセージカードなどを贈り合うのが一般的です。

アメリカ、台湾、ベトナムなどでは、男性から女性にプレゼントを贈ることが多いです。

また、サウジアラビアではバレンタインデーを祝うことは違法行為とされています。

日本では、1960年代にお菓子会社が出した広告がきっかけとなって

バレンタインデー=女性が意中の男性にチョコレートを贈って気持ちを伝える日」として広く知られるようになりました。

日本の影響を受けた韓国では、日本以上にバレンタインデーが重視されており

バレンタインデーやホワイトデーからさらに派生したイエローデー・ブラックデーなどのイベントも浸透しています。

【最近ではバレンタインデーチョコ禁止の職場が増えている?】

意中の人に贈る「本命チョコ」、同僚や上司などに贈る「義理チョコ」、
親しい友人同士で贈り合う「友チョコ」、さらに男性から女性に贈る「逆チョコ」まで
昨今のバレンタインデーチョコの種類は実にさまざまです。

でも、最近ではさまざまな理由で「バレンタインデーチョコ禁止」を公言する学校や職場が増えてきました。

・そもそも、学校に勉学に必要ないものを持ってくるのは校則違反である

・受験生にとって大事な時期にバレンタインデーチョコをやりとりすると、浮ついた気持ちになって勉学がおろそかになる

・女性社員が男性社員の人数分のチョコを準備するのは、経済的・心理的に負担が大きい(ホワイトデーのお返しも同様)

・チョコを用意するかしないか・予算はどうするか・全員でお金を出し合うかどうかなど、女性社員同士でもなにかと揉め事が起こりやすい

本当に好きな人・お世話になった人に親愛や感謝の意を表すバレンタインデーが

「気を遣うメンドクサイイベント」と化してしまった寂しい結果ですね…。

でも、毎年余計な気を遣わなければならないと嘆いていた人にとってはこれでひと安心!?

いかがでしたか?
今年のバレンタインデーも、みなさんにとってすてきな一日になるといいですね!


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近のコメント

ページ上部へ戻る