季節に応じた豆知識や雑学

正月太り!その原因と解消・予防方法

スポンサードリンク
ダイエット

正月休みが終わって明日から出勤…あっ、いつものベルトがなんとなくきつい!
今回は、やっかいな「正月太り」のお話です。

【正月太りの原因は?】

・おせち料理やお餅などの高カロリーな食事がたくさん…

寒いからあまり外に出ず、コタツでだらだらしながらついお菓子やミカンを食べ過ぎて…

・実家に帰省した人は、上げ膳据え膳でやたらと食べ物をすすめられることも…

・久しぶりに会う親戚にすすめられて、ついお酒を飲みすぎた

生活サイクルが乱れ、食事が不規則になったり夜遅い時間に間食したり…

以上の条件が重なると、あっという間に鏡餅みたいなお腹になってしまいます!

【正月太りを解消するには?】

短期間に増えた体重は、短期間で落とすのが効果的です。

だからと言って、いきなり絶食するなどのムリなダイエットは身体に悪いので控えましょう。

もっとも効果的に体重を落とす方法は、やはり運動です。
忙しくてまとまった時間がとれない人のために、
日常生活の中で手軽にカロリーを消費する方法をご紹介します。

サラリーマンのダイエットの王道は、通勤手段の工夫

同じ距離を移動する場合の消費カロリーは、電車<自転車<徒歩となります。
可能であれば自転車通勤を徒歩通勤に、電車通勤を自転車通勤に切り替えてみましょう。
また、一駅分余計に歩いたり、電車に乗るときに座らずに立つようにするのも効果的です。

デスクワーク中でも…

イスに座ったまま、右足と左足を交互に浮かせるだけで
腹筋と太ももを鍛えることができます。

両足を同時に浮かせ、膝同士をくっつけて内ももを引き締めるようにするとより効果的です。

家事をしながらカロリー消費

床のモップがけを雑巾がけにしてみる、
買い物にはできるだけ徒歩で行く、台所に立つときは少しかかとを浮かせてみる(包丁や火を使うので、危険のない範囲で!)、
小さいお子さんがいれば身体を動かして一緒に遊ぶなど、日常的な家事・育児をすこし工夫して、カロリー消費のチャンスを増やしましょう。

【無理なく正月太りを予防しよう】

いちばん理想的なのは最初から正月太りしないことですが…
でも「年末年始におせちを食べるな!」「寒空の下でジョギングしろ!」というのはあまりにも酷なこと。

無理なく楽しく正月太りを予防するために、以下のことをちょっとだけ覚えておきましょう。

積極的に台所に立つなど、できる仕事はどんどん引き受ける

実家や親戚の家では、手伝えることがあれば積極的にやるようにしましょう。
手伝えることがなければ、親戚の子供の相手をして身体を動かすのもいいですね。

・可能ならば、階段の多い寺社に初詣に行ってみる

混雑しているとき・雪などで足元が滑りやすいときは無理しないように…

・おせちを食べるときは、できるだけ低カロリーなものを選んで

おせち料理は、保存がきくように砂糖を多用したものが少なくありません。
たたきごぼう・なます・かまぼこ・数の子など、
カロリーが低そうなものを意識して食べるようにしましょう。

室内向けお正月遊びにも、たのしくひと工夫

花札・トランプ・人生ゲームなどで遊ぶ機会も多いお正月。

「負けたらスクワット×回」などのルールにすると
その場が盛り上がって、なおかつ運動もできて一石二鳥!?

毎年ハラハラしながら正月明けを迎えていたみなさんも、
今年はスッキリボディで新年をお祝いしましょう!


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近のコメント

ページ上部へ戻る