季節に応じた豆知識や雑学

「鏡餅」の意味や飾り、食べ方を知ってますか?

スポンサードリンク
鏡餅

日本のお正月に欠かせない鏡餅
最近は真空パックされた鏡餅や核家族用の小さい鏡餅を飾るご家庭も多いですね。
鏡餅の本来の意味や飾り方、ご存知ですか?

【鏡餅の意味って?】

古来、鏡には神が宿るものとされています。

三種の神器(丸餅→鏡、橙→勾玉、串にさした干柿→剣)をかたどった鏡餅を床の間に飾り、歳神様を呼んで年のはじめを祝います。
床の間がないご家庭では、家の中でもっとも玄関から遠い場所に鏡餅を飾ります。

地域差がありますが、末広がりの8がつく12/28や年末の大安の日などに鏡餅を飾り始め
歳神様がいらっしゃる松の内(1/7、関西では1/15)までそのまま飾っておきます。

松の内が終わったら、歳神様の力をいただいた鏡餅をみんなで食べてその歳の無病息災を願います。

その際は、木槌や手などで餅を割る「鏡開き」を行います。(刃物で餅を切るのは縁起が悪いので×)

鏡餅をずっと飾りっぱなしにしたり、松の内が終わる前に鏡餅を片付けてしまってはいけません。

【鏡餅の飾りの意味】

鏡餅にはいろいろな飾りがついていますね。
おもな飾りの意味を紹介します。

…長い間木から実が落ちないことから、家が代々栄えるように

…末広がりの形から、家が代々栄えるように

譲葉…新しい葉が生えるまで古い葉が落ちないことから、家が絶えず栄えるように、新世代と旧世代が一緒に新年を祝えるように

裏白…表は緑、裏は白の葉から、裏表のない美しい心でいられるように

昆布…「よろこぶ」に通じることから、喜び多き年になるように

海老…腰が曲がっていることから、長寿であるように

干し柿…しわしわなことから、長寿であるように

御幣…赤い色が魔よけになるように

地域や家庭によって飾りの内容や意味はさまざまです。
自分の家の飾りについて、ご家族やご親戚にたずねてみましょう。

【工夫いろいろ!鏡餅の食べ方】

鏡開きの後の鏡餅は、お雑煮やぜんざいなどにして食べるのが一般的です。

お雑煮もぜんざいもおいしいけれど、ずーーっと食べていると飽きてしまいますね。

そんなときは、こんな食べ方がおすすめです。

シンプルに焼き餅として。

チーズや明太子といっしょにピザにのせて。

しゃぶしゃぶや水炊きに入れて。

油で揚げてかきもちに。味付けはお好みで…

ベーコンで巻いてフライパンで焼けば、お酒のおつまみにもぴったり。

鏡餅やおせち料理など楽しみの多いお正月は、日本人であることをもっとも実感する時期ですね。
来年のお正月は、日常生活にもっと伝統行事を取り入れてみませんか?


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近のコメント

ページ上部へ戻る