季節に応じた豆知識や雑学

お歳暮とは?時期はいつまでに届ける?喪中のマナーはどうしたらいい?

スポンサードリンク
お歳暮

11月も半ばを過ぎると、お歳暮の文字があちらこちらで見えてきますね。

社会人になった時や、結婚して初めてお歳暮を贈る人も多くいることと思いますが、大人としてしっかりマナーをわきまえて贈りたいものですよね。

そこで、お歳暮に関しての一般的な知識を紹介します。

<お歳暮とは>

歳暮の意味は、年の暮れのことです。

日本では、年の暮れにその年お世話になった人に対して感謝の気持ちを表すために、お歳暮周りが行われます。
この時に贈る贈答品が、今ではお歳暮と言うようになりました。

<お歳暮の時期>

お歳暮が届く時期としては、12月10日~20日の間が一般的です。

しかし、最近では早くお歳暮を注文すると早期割引があったりと、年々早く届ける傾向にあり、特に都市部では12月上旬に届くことも多いようです。

12月20日までに届けるのが良いのですが、遅くとも25日には届くようにしましょう。

<時期が過ぎてしまったら>

何らかの事情で、お歳暮の時期が過ぎてしまうこともあります。
そんな時には、のしの表書きを変えましょう。

12月31日までならばお歳暮でかまいませんが、元旦から1月7日までの間に届く場合は「御年賀」、それ以降は「寒中御見舞」にします。

<お歳暮のマナー>

☆お歳暮をいただいたらお礼状や電話でお礼を述べましょう。

☆デパートなどから配送してもらうことが多くなっていますが、本来ならば持参するのが正式なマナーです。
お歳暮を風呂敷に包んで、渡す相手の前で風呂敷を解き、相手から見て正面になるように向きを変えて手渡し、風呂敷は持ち帰ります。

☆のしは、宅配で配達してもらう場合には、のしをかけてから包装紙で包む内のしで、持参する場合には包んだ上からのしをかける外のしが一般的です。

<喪中の場合お歳暮のマナー>

お歳暮はお世話になった人に対して贈るものなので、喪中の人に贈っても喪中の人が贈っても差し支えありません。

ただし、お歳暮の時期が過ぎてから送る場合は注意が必要です。

喪中の相手に年賀は贈れないので、松の内と呼ばれる1月7日を過ぎてから、「寒中御見舞」として贈ります。

お歳暮のマナーはそれほど難しいものではありません。

相手への感謝の気持ちを表すものなので、基本のマナーをしっかり押さえて、快く受け取ってもらえるようにしましょう。


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近のコメント

ページ上部へ戻る