季節に応じた豆知識や雑学

年末調整とは?サラリーマンや公務員の年末調整のしかたは?

スポンサードリンク
年末調整

11月後半くらいから、職場から年末調整に関する書類を渡されますよね。

所得税を調整するために必要な書類なのですが、
そもそもなぜ調整がいるのでしょうか?

年末調整の対象になるのは誰なのか?
と給与所得者の年末調整のしかたについて説明します。

<年末調整とは>

サラリーマンや公務員などの給与取得者に対して、
事業所が1月~12月までの1年間に支払った給与賃金及び源泉徴収した所得税に対し、
12月の最終支払日に再計算し、所得税の過不足を調整することを年末調整と言います。

なぜ毎月税金を天引きしているのに、年末に改めて計算するの?と疑問に思いますよね。

ほとんどの場合は、天引きした所得税額は、
納付しなければならない所得税額と一致しないのです。

例えば、年の途中で扶養家族が増えたり減った時にでも、
遡って修正されることはありません。

それに、保険に加入している場合は、
一定額が控除されるのですが、それも反映されてはいません。

つまり、毎月天引きされている所得税の額は、あくまで概算なのです。

ですから、年末に計算して精算することが必要になってきます。

毎月徴収した税額が本来納めるべき税額よりも少なければ、
年内最後の給与などで差額を還付され、多ければ、差額を徴収されてしまいます。

<年末調整の対象者>

1年間勤務している人、途中入社で年末まで勤務している人が基本的には対象になります。

次のような事情で年末まで在職していなかった人も対象になります。

■死亡により退職した人、

著しい心身の障害のために退職し本年中に再就職が難しい人

パート勤務していて退職した人で本年中に給与総額が103万円以下である人

年の途中で海外転勤になり非居住者となった人などがあげられます。

ただし、「給与所得者の扶養控除等移動申告書」を
年末調整を行う日までに雇用主へ提出していなければ、
年末調整を受けることができないので注意して下さい。

2か所以上の事業所から給与を取得している場合、
給与所得者の扶養控除等移動申告書は、メインの勤務先でしか提出できません。

<給与所得者の年末調整のしかた>

まずは、保険に加入している場合は、
11月くらいから保険料控除証明書というハガキが加入している保険会社から送られてくるので、
それをきちんと保管しておきましょう。

もし、そのハガキをなくしてしまったら、再発行してもらえます。

11月後半くらいから、勤務先から年末調整関係の書類を渡されます。

書類の裏側に書き方の説明がありますが、
細かい字ですしいまいち分かりにくいところもあります。

説明を読んでも分からないところがあったら、
担当者に教えてもらいながら正確に記入と捺印をしましょう。

そして、保険料控除証明書を添付して、きちんと期日までに提出しましょう。

年末調整は、めんどうだと思う人もいるかもしれませんが、
きちんと控除申請をしないと損してしまうことがあるので、きちんと申請しましょう。


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近のコメント

ページ上部へ戻る