季節に応じた豆知識や雑学

おせちの由来とおせち料理の意味、ごぼう・黒豆・伊達巻・かまぼこなどの意味は?

スポンサードリンク
おせち

おせち料理の意味を知ってますか???

お正月の定番と言えば、おせち料理ですよね。

おせちには、いろいろな意味があると子供の頃に聞いた記憶はなんとなくあるのですが、
いざ自分の子供に説明しようとしたら、
意外と思い出せなかったり知らないものがたくさんありました。

そこで、子供に説明できるようにと調べた、おせちりょうりの意味について紹介します。

<おせち料理の由来>

おせちを漢字で書くと「御節」なのですが、
もともとは節句料理の意味で、五節供(ごせっく)の料理のことです。

五節供とは、

1月1日の元旦、3月3日のひな祭り、5月5日の端午の節句、
7月7日の七夕、9月9日の重陽の5つの節供があります。

この五節供の時に、神様へのお供え料理として作られたものが、
江戸時代に現在のように正月料理だけを意味するものになったのです。

<おせち料理の意味>

おせち料理をなぜ重箱に詰めるのかというと、
めでたさを重ねるという意味で縁起をかつぐためです。

現代では、おせち料理は大みそかのうちにすべて重箱に詰めて準備を整え、
新年に迎える年神様に供えるのが一般的です。

家族の安泰や子孫繁栄などの、さまざまな願いを料理に込めてお供えしたものを、
年が明けたら神様からのお下がりとして皆で食べるのが習慣になっています。

<代表的なおせち料理とその意味>

☆ごぼう:細く長くしっかり根を張ることから縁起物とされ、
細く長く幸せにと願う気持ちで使われます。

☆黒豆:黒には魔よけの力があることと、
丈夫や健康を意味する「まめ」との語呂合わせで、まめに働き、
まめに暮らせることを願って食べられます。

☆伊達巻:昔は大事な文書や絵は巻物にしていたので、
巻物に似ていることから、文化の発展を願う縁起物です。

☆紅白かまぼこ:日の出に似ていることから、
新しい門出にふさわしく、紅はめでたさと喜びで白は神聖を表しています。

☆昆布巻き:昆布は「喜ぶ」という言葉から連想して、
おめでたい食材と考えられています。

☆栗きんとん:黄金の財宝を表しており、
豊かな生活が送れるように願う料理で、昔から栗は勝ち栗と言って縁起物とされてきました。

☆紅白なます:お祝いの水引をかたどったもので、
紅白の組み合わせは平安と平和を願う縁起物です。

☆数の子:二親(にしん)からとても多くの子が生まれることから、
子供がたくさん生まれて一族が繁栄することを意味します。

☆田作り:昔は小さいイワシを肥料にしていたことから、
豊年豊作と五穀豊穣を願う気持ちが込められています。

☆海老:加熱すると背が丸くなりひげが長いことから、
腰が曲がるまで元気で長生きできるようにと長寿を願ったものです。

こうして改めて見ると、おせち料理には一つ一つにいろいろな思いが込められているのですね。
日本の素敵な伝統料理なので、子供達にも是非その意味も含めて、きちんと伝えていきたいものです。


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近のコメント

ページ上部へ戻る