季節に応じた豆知識や雑学

入院に必要なもの~あると便利なグッズ・そして入院中の暇つぶしはどうする?

スポンサードリンク
入院

これから入院する方、お見舞いをする方は必見です!

整形外科で手術をし、退院したてほやほやの私がお届けする

入院に関する最新の情報です。

《入院に必要なもの》

入院に必要なもの

病院からの案内に書いてあるのは、こんなところです。

Ⅰ 入院に必要なものリスト

・洗面用具(歯ブラシ、コップ)

・入浴用品(シャンプー、リンス、石鹸など)

・ティッシュペーパー

・湯のみ

・下着

・リハビリ用運動靴(紐なし、脱ぎ履きしやすいもの)

Ⅱ 手術に必要なもの

・T字帯 2枚

・血栓防止用ストッキング

・水(ペットボトル) 3本

・ペットボトル用ストロー付きキャップ

(最近は吸い飲みじゃなく、ペットボトルの水をストローで飲むんですね。
衛生面でもいいと思います。)

タオル、パジャマは、レンタルを利用したので、不要。

洗濯物が減って助かりました。

《あると便利なもの》

入院中あると便利

Ⅰ マジックハンド(100円ショップ)

・リーチャーとも言う

・手術後、動けない時の必需品。

・離れたところにあるものを取るばかりではなく、

靴を揃える。
布団をかぶる。
ごみを捨てる、拾う。
靴下を脱ぐ、はく。
足を拭く。
下着をはく。

など工夫次第で用途は“∞”です。

Ⅱ うちわ

・夏場は冷房が効いている病院内でも急に熱くなる事が多い。

ベッド周りには扇子よりこれです。

Ⅲ ミニ扇風機(100円ショップ)・・・使っているとウケます。

・単三2個でパワーも強力。夏はいつも携帯している私ですが、病院でも大活躍でした。

自力が要らないので、手術直後のリカバリー室でも重宝しました。

Ⅳ 汗取りシート

・病院では毎日体を拭いてくれるが、シャワーの許可が出るまでは時間がかかる。

汗をかいた時、体の臭いが気になった時、いつでも清潔にできる。

Ⅴ ウエットティッシュ

・あらゆる気になるものを拭ける。

・ポットタイプのものを持ってくる人が多いが、ポケットタイプのものを持ち歩くと、

気になるところをいつでも拭けて便利。神経質な人は是非。

Ⅵ 小さな手提げバッグ(チャックやボタンで閉じられるとなお便利)

・軽くてペラペラの100円ショップにあるような化繊のバッグが便利。

・汚れてもすぐに拭け、小銭や携帯などの必需品を持ち歩ける。

・扇風機とウエットティッシュ、ペンとメモ用紙など入れておいて便利に使えました。

Ⅶ クリアーホルダー

・書類の保管に

Ⅷ ダイレクトマグタイプの水筒

・ふた付きのマグカップや湯のみが定番ですが、これだと、割れずに、埃も入らず、

飲み残しを保存して後で飲むこともできて経済的。

Ⅸ その他洗濯系小物

・洗濯ばさみ

・S字フック

・洗濯ネット

・洗剤、柔軟剤(元気になってきて、自力で洗濯する場合)

・ビニールバッグ2~3枚(洗濯、入浴時に)

・ジッパー袋

Ⅹ 文具系小物

・はさみ

・セロテープ

・油性ペン

・輪ゴム

これだけあれば、便利に快適に過ごせること請け合いです!!

《入院中の暇つぶしには、何をする?》

暇

あちこち痛くても、少し元気になってきたらなおさら、とにかく入院生活は、暇です。

検査や回診、リハビリなどの日課もありますが、一日中やってるわけじゃない。

同室の人とおしゃべりったって、親しい友人であるわけでもない人と、

そんなに話せるわけがない。

そんなあなたに、私がオススメするのは、

暇つぶしグッズベスト3

Ⅰ A5サイズ程度のノート、自由帳

・暇にまかせて日記でも、ご飯の献立でも何でも書いてみる。

・もちろん、看護師さんや先生の似顔絵だってOK

・エッセイや小説もどきを書いてみたっていい

・突然のひらめきで、傑作が生まれるかも!!

・5ミリ方眼罫が私は使いやすかったです。

Ⅱ 資格試験、検定試験などの問題集

・ちょっと気になっている勉強を始めるなら今!かも。

・気分さえのれば、はかどること請け合いです。

・調子が悪い日にやるのはやめましょう。

Ⅲ 手芸など手先を使う小物作り

・ただし、材料が単一で、道具が最低限で済み、ゴミの出ないものに限る。

・周りに迷惑がかからないことが絶対条件です。

・様子を見ながら始めること。

・一例ですが、編み物、フエルトボール作りなどがいいのでは。

・あくまでも暇つぶしです。熱中し過ぎはNGですよ。

入院は、病気いかんに関わらず気が重いものですが、気の持ちようで楽しく過ごせることも。

折角の機会なので、ゆっくり骨休めしつつ有意義な入院生活を送ってくださいね。


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近のコメント

ページ上部へ戻る