季節に応じた豆知識や雑学

名古屋で人気のさつまいものおやつ・鬼まんじゅうのレシピ

スポンサードリンク
鬼まんじゅう

薄力粉と砂糖を混ぜた生地に、サイコロ状に切ったさつまいもを加えて蒸したシンプルなおやつですが、
とてももっちりしていて美味しいんですよ。

名古屋では大人気の定番おやつ、
鬼まじゅうの一般的な作り方と、
私の母の作り方、2種類の作り方を紹介します。

<鬼まんじゅう・一般的な作り方>

材料は10~15個分で、さつまいも中くらい1本、
砂糖50g、小麦粉120gベーキングパウダー小さじ1、牛乳30ccです。

 
■オーブンシートを10cmの正方形に作る枚数だけ切ります。

■さつまいもは皮つきのまま、サイコロ状に切ったら水にさらします。

■水気を切ったさつまいもの入ったボウルに、
小麦粉とベーキングパウダーをふるいを入れて、しっかり混ぜます。

■そこへ、牛乳を少しずつ足していきます。

■クッキングシートに、山盛り大さじ1ずつ生地を置いたら、
蒸し器に並べ、15分蒸します。

■竹串を刺してさつまいもに火が通っていれば出来上がりです。

<鬼まんじゅう・母の味の作り方>

材料は10~15個分で、さつまいも中くらい1本、
砂糖大さじ2、塩ひとつまみ、ホットケーキミックス150g、
卵1個、牛乳大さじ2です。

 
■オーブンシートを10cmの正方形に作る枚数だけ切ります。

■さつまいもは皮つきのまま、サイコロ状に切ったら水にさらします。

■さつまいもの水気を切り、ボウルに入れて
砂糖と塩をまぶして水分が出てくるまで5~10分放置します。
※こうすることで、さつまいものホクホク感が増します。

■ボウルに、卵を割りほぐし、ホットケーキミックス、
牛乳を入れてよく混ぜます。

■そこへ、さつまいもを汁ごと入れて、混ぜます。

■クッキングシートに、山盛り大さじ1ずつ生地を置いたら、
蒸し器に並べ、15分蒸します。

■竹串を刺してさつまいもに火が通っていれば出来上がりです。

<2つのレシピの違い>

2つのレシピの大きな違いは、
小麦粉で作るかホットケーキミックスで作るかですね。

小麦粉で作ったほうが、もちもち感が強いのですが、
小さいお子さんや咀嚼しにくいお年寄りにはホットケーキミックスの方が食べやすいかもしれません。

私は、どちらも大好きなので、その時の気分でどちらかを作っています。

どちらもさつまいもの味がしっかり楽しめて美味しいですよ。


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近のコメント

ページ上部へ戻る