季節に応じた豆知識や雑学

防災の日に考える、非常持ち出し袋 リュックの中身。

スポンサードリンク
リュック

《非常持ち出し袋に入っているもの[基本編]にプラス一工夫》

震災以降、ネットやカタログ、店頭などに非常持ち出し袋の広告があふれています。

とりあえず一般的なセットを買ってあるから安心と思っている方も多いと思います。

 
長期保存出来る水
乾パン
アルファ米(水を入れるだけで炊けるお米)雑炊

充電式ラジオ
懐中電灯
電池

救急セット
ウエットティッシュ

レスキューシート(薄くても暖かいアルミシートの毛布)
軍手
スリッパ

ナイフ
缶切り
ロウソク
マッチかライター
ロープ
ヘルメット
ホイッスル

 

入っているのはだいたいこんなところでしょうか。

もうちょっと充実しているセットだと

 
携帯用トイレセット

ポリタンク

 

等が入っているものもあるでしょう。

でも、一般的なセットを購入しただけで安心していてはいけません。

自分なりにチェックし、新たに必要と思われるものをプラスすることが大切です。

震災後、防災セットの中身であまり役立たなかったものなどを見直す動きも活発になっているようです。

色々な使い方が出来るものをプラス

新聞

注意点
 
新聞紙(・・・丸めれば副え木に、器状に折ってビニール袋をかぶせれば食器に、
緊急時にはトイレットペーパーなどの代わりにも、
寒いときには服の下に巻き付けて暖を取り、
火を燃す時の焚きつけに、退屈しのぎには読むことも出来ます。
(新聞紙って、すごい!)

ポリ袋・・・食器代わりに食べ物を入れて、しばって湯煎などの調理に、
汚れた容器にかぶせて飲料水入れに、雨や寒いときのポンチョにも
もちろんゴミ入れにも、キレイなもの入れにも。

大判ハンカチ・・・マスク代わりに、応急手当に、

その他に、レインコート(防寒、ホコリよけ、雨よけに)

油性マジック、布ガムテープ、

 

など、多目的に利用出来るものを是非プラスしてみて下さい。

《リュックに入れたい食品について考える》

食料、身の回り品は、もちろん一人一セットずつ用意することが必要ですよね。

もう一つ大事なのが、賞味期限のチェックです。

せっかく、高いお金を出して揃えたのに、いざ使う時になったら、賞味期限切れ。

そんなことにならないために、定期的に新しいものに入れ替える習慣をつけましょう。

注意点
 
よく言われるのは、毎年防災の日に防災のことを考えながら

リュックの中の食品を食べ、新しいものを補充する。

(ローリングストック法と言うらしい)

 

この方法なら、賞味期限切れになる心配もなく、防災意識の高まりも期待でき、

最適だとは思うのですが、私の様に、防災用の食品も結構高いし、もったいない。

それに、あまりふだん食べたい様な味でもない。と思っちゃう人も多いのでは?

私の様な人は、賞味期限直前(5年ごと)に食べ、買い替えるのがいいでしょう。

ただし、どこかにきちんと書いておくなど、絶対に忘れない努力を。

でも、わざわざ高価な防災食品を買わなくても、
普段食べている食品をまめにリュックにストックしながら使うという方法もあります。

それなら、ごく普通の特売のインスタントラーメンや、
レトルトカレー、缶詰など好みのものが何でも非常用食品として準備出来ることになります。

これもオススメの方法です。

いくら非常時であっても、食べたくないものってきっとありますよね。

今、普段食べ慣れた様なお菓子の保存缶も色々出ています。

 
ミルクキャラメルや、

クラッカーのリッツ、

マリービスケット、

コアラのマーチなど

 

探せばもっと出ています。

金額もあまり高くないので、同じ5年なら乾パンよりも嬉しいですよね。

《その他、日頃の備え~枕元には何を?貴重品、思い出の品などはどうする?》

いつ起こるか全く予想できないのが、災害です。

ベッド脇に置いておいて欲しいのが、この三点セットです。

注意点
 
懐中電灯(かんたんなものでいいが、1人に1個)

スリッパ(足のケガ防止に、運動靴ならそのまま外に非難出来る)

ホイッスル(自分の位置を知らせる)

 

貴重品も通帳や保険証などはコピーを常に用意しておいたり、複数置いておくと安心です。

身分証明書は常時携帯しましょう。

写真や遺品など思い出の品は、生命第一の中、持ち出せないことが予想されるので、

今のうちに写真に撮るなどして、マイクロディスクなどに入れておくのは如何でしょう?

震災時にも、多くの写真が流されましたが、発見、修復され返却されて話題になりました。

いざという時にどうしたらよいか?

家族で話す機会を持ち、万全の備えをしたいですね。


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近のコメント

ページ上部へ戻る