季節に応じた豆知識や雑学

秋の七草とは?春の七草との違いは七草粥にするかどうかだけ?

スポンサードリンク
七草

七草と言うと、1月7日に食す春の七草粥が思い浮かびますね。

しかし、実は秋にも七草があるんですよ。

春の七草との違い、七草にまつわることなどを紹介します。

<秋の七草とはって何?>

秋の七草は、奈良時代初期の歌人、
山上憶良が詠んだ歌の中に登場する7種類の草花の事です。

万葉集に選定されたうちの2首に詠まれている草花が、
日本を代表する秋の草花として親しまれるようになったのです。

山上憶良が詠んだのは、次の歌です。

 
「秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり) かき数ふれば 七草の花」

 
この歌の意味は、

秋の野に咲く花を指折りながら1つ1つ数えてみると7種類の花がありましたです。

それともう1首がこちらです。

 
「萩の花 尾花葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝貌(あさがお)の花」

 
尾花(おばな)は薄(すすき)、葛花は葛のことを指しています。

朝貌(あさがお)の意味は、朝顔とも木槿(むくげ)とも昼顔とも諸説ありますが、
桔梗であるとの説が有力です。

なので、秋の七草は、

萩、薄(すすき)、桔梗、撫子、葛、藤袴、女郎花(おみなえし)

であると言われています。

<春の七草と秋の七草の違い>

春の七草と秋の七草の違いは、種類はもちろんのこと、
春の七草は、七草粥にして食べるなど食として楽しむものですが、
秋の七草は花を見ることを楽しむものなので七草粥にはしません。

そして、春の七草と違い、秋の七草には特に何かをする行事と言うものはありません。

春の七草は、新鮮な野菜が不足する長い冬の終わりに、
野の草の新芽に多く含まれている、
ビタミンなどの栄養補給をして体調を整えるという目的もあるため、
食用の野草が選ばれています。

七草粥を食べることで、無病息災を祈願するものです。

これに対して秋の七草は、
冬に向かう前に咲き誇る花の美しさを愛でて楽しむ物です。

秋の草花が咲き乱れる場所の事を「花野」といい、
花野を散策して短歌や俳句を詠むことがかつては風流な習わしとして行われていました。

しかし、今では、歌に詠まれるような七草が一度に見られる風景がある場所も、
残念なことに滅多に見かけなくなってしまいましたね。

それと、秋の七草は、冬に備えて薬草として保存利用もされていました。

今でも薬の成分として使われているものもありますが、
毒になる部分もあるので、素人が煎じて飲むのはやめましょう。

<あとがき>

秋の七草は、古来からの日本人の自然を愛する豊かな心が、秋の7種類の草花で表現されたものです。
私たちも、秋の七草を眺めて愛でて、日本人が大事にしてきた豊かな心を、しっかり受け継いでいきたいものですね。


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近のコメント

ページ上部へ戻る