季節に応じた豆知識や雑学

赤ちゃんの為に防災グッズを!必要なもののリストまとめ

スポンサードリンク
011145

最近は防災意識も高まり、防災グッズをしっかり準備しているご家庭も多くなりましたが、

一般的に必要とされる防災グッズだけでは、
赤ちゃんにまで対応しきれません。

普段は母乳がしっかり出ているママでも、
被災のショックで母乳が出なくて赤ちゃんの食糧調達に難航してしまうことも考えられます。

防災グッズとして、赤ちゃんのものもしっかり備えておきましょう。

<赤ちゃん用の防災グッズリスト>

赤ちゃん

 
粉ミルク3日分
(キューブタイプや小分けの袋に入っているものが衛生面や携帯面でおすすめ)

器に移し替えなくてもすぐに食べられるタイプの離乳食3日分
(アレルギーのある子は特に必要)

ミルク用の水、哺乳瓶、離乳食用のスプーン

紙おむつ3日分とお尻拭き

バスタオル

着替え3日分と靴

おもちゃやおやつなど気を紛らせることができるもの
(避難所で泣き叫ぶと居づらくなってしまうかもしれないので)

母子健康手帳、健康保険証、児童医療証

抱っこひも

サラシ(オムツや女性用の生理用品や抱っこひもの代用になる)

はさみ(サラシを切るのに必要)

ビニール袋としっかりした紐

ネームタグ(赤ちゃんと両親の名前、連絡先、かかりつけの病院、アレルギーなどの情報を書いておく。)

<足りない時には他の物で代用してみる>

防災グッズの中に、サラシとビニール袋を入れておくと、
オムツの代用品になります。

また、抱っこひもがなかった場合には、サラシでも代用できます

<赤ちゃんや小さい子供と避難する時は?>

注意点

注意点
■普段から、緊急用にネームタグを準備しておいて、
避難する時に手首などにつけておきます。

ネームタグがない場合には、
油性マジックで子供の腕に情報を書き込んでおきましょう。

■ベビーカーに載せて避難すると、人混みで動けなくなったり、
崩れたがれきで立ち往生してしまうことがあるので、
急ぐ場合には抱っこやおんぶにしましょう。

■普段あまり抱っこひもを使わないママも、
咄嗟の時に素早く装着できるように、時々は練習しておきましょう。

はぐれないように、ママやパパと子供を紐で繋いでおくことも大事です。

<あとがき>

赤ちゃんは、自分で避難することはできませんし、
自分の事を人に伝えることだってできません。

ですから、震災がいつどこでおきても安全に避難できるように、
そして避難先でも安心して過ごせるように、日頃からしっかり備えておきましょう。


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近のコメント

ページ上部へ戻る