季節に応じた豆知識や雑学

もしもの時の為に!防災リュックの中身に入れる物まとめ

スポンサードリンク
リュック

本当に必要なものは何??

最近は、防災意識も高まってきて、防災への備えをしているご家庭も多くなりましたね。

家から急いで避難しなければならない時のために、是非準備しておきたいのが防災リュックです。

改めて、防災リュックと中に入れておきたい防災用品について考えてみましょう。

<防災リュックは買わないとダメ?>

火事

市販で売られている防災リュックは、

耐火性や防水性に優れていて、中の物を守ってくれます。

しかし、購入するとけっこう高いのが難点。

よほどの大火事でもないかぎり、

火の傍にリュックがずっとあるとは考えにくいので防火性はそこまで考えなくても大丈夫です。

注意点
 
防水性に関しては、中の物で濡れたら困るものは

すべてビニール袋に入れておけば防水できます。

手持ちのリュックか、もし購入するなら登山用のリュックで代用できます

<防災リュックはどこに置くの?>

どこにおく?

逃げ出すことを考えて玄関にまとめて置いている方もいますが、

実際には玄関までたどり着けなかったということもあるようです。

かといって、家のどこに置けば一番良いのかというと、

これもまた被災した場所にもよるので悩ましいところですよね。

注意点
 
まずは、防災リュックを一つだけにまとめるのではなくて、

家の中の何か所かに分けて置いてみて下さい。

玄関、寝室やリビングなどの過ごす時間が多い場所がおすすめです。

また、自宅の外で被災してしまうこともあるので、

車や会社のロッカーの中にも一つ備えておくと安心です。

<防災リュックの中に入れたい物まとめ>

 
水・食料(飴を入れておくのお勧め)

現金(多めに)・できれば通帳と印鑑

懐中電灯、防災ずきんなど逃げる時に必要なもの

ライター、缶切り、ナイフ、はさみ、革製の手袋(防寒・ケガ予防)

ラジオ、乾電池(被災するとすぐに店頭から消える

衣類、レインコート(雨除け・防寒・ほこりよけ)

薄手のタオル数本、マスク、ポケットティッシュ

ウェットティッシュ、カイロ、オムツや生理用品

救急箱、常備薬と常備薬の名前が分かるもの

新聞紙(防寒・、割れたガラスに敷いてケガ防止など用途多数)

大きめのビニール袋(簡易トイレ・配給された食料品を保管など)

ラップ・ガムテープ 保険証・運転免許証のコピー

親戚や会社などの連絡先のメモ 簡易式携帯充電器

笛(閉じ込められた時に助けを呼ぶのに必須)

<注意したいこと>

被災した時のことを考えると、あれもこれも入れたくなってしまいますが、

荷物が多くなりすぎて持ち運ぶのが大変では逃げ遅れてしまうかもしれません。

荷物を入れたら、実際に背負って歩いてみて、運べる重さかどうかを確認しましょうね。


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

最近のコメント

ページ上部へ戻る